中国人技能実習生送り出し機関  顧問のブログ

中国送り出し機関 青島瑞平国際経済技術合作有限公司にて顧問を勤める笹本と申します。技能実習に関する様々な情報をお届けして参ります。

技能実習生を受入れる企業様や農家様からのご相談も対応致します。




ランキングバナーをクリックいただくと、記事更新の励みになりますので、ぜひクリックをお願い致します。
m(_ _)m
 ↓↓↓


にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村


f:id:chance555ok:20170208230505j:plain

 

弊社は中国から技能実習生を送り出す、いわゆる送り出し機関なのですが、外国人技能実習生の受入れをご検討される企業様や農家様からのご相談も対応致しております。

 

というのも、私自身が監理団体職員を12年間やってきた経験があるため、困っている企業さんや農家さんを放っておけないのです。

 

もっと放っておけないのが、この先困る事になるであろうことに気づいていない実習実施機関様です。

 

 実習生の管理などや営業などで歩いていると、残業時間の扱いや有給の管理など、全然なってないところが今だに多いのが現状です。

 

外国人技能実習機構が動き出したらアウトです。

 

私の取引する監理団体の傘下でしたら、直ちに適正化のお手伝いをするのですが、そうでない実習実施機関様にはあまり強く言えません。

 

機会あれば技能実習制度が変わり外国人技能実習機構が設立され、今後はどうなるっていう話をさせていただくのですが、殆どの人があまり真剣に聞いてくれない。

 

「そう。」

で終わるか、

「だぁ~いじょうぶだよ。」

で終わる。

 

そうやって言う実習実施機関を監理する監理団体は大抵ろくな監理をしていない、お取り潰しになる可能性大の危険監理団体なことがほとんど。

 

技能実習生を受け入れる実習実施機関の方も、監理団体にしても、不正行為認定を受けると大変ですよ。

 

確定申告でマイナンバー記載が必須になった今、技能実習生が雇えなくなったからと言って表に出せないような人を常用的に雇い入れることは難しくなりました。

 

技能実習生の受入れができなくなると大変なことになると思います。

 

不安な方は、是非下記リンク弊社ホームページよりお問い合わせ下さい。

www.ncg-solution.com

 

 

中国送出し機関 瑞平国際 お問い合わせ

当社ホームページのお問い合わせページが開きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。